生活

掃除が楽になる3つのポイント 物を置かない、はたきを使う、マキタ買え

シンプルなくらしに憧れる「ごめおか(@deen_gomeoka)」です。

僕は「できるなら人生で掃除はしたくない」と思っております。

めんどくさいですよね。

家を新築するときも、お掃除ロボットのルンバの導入を真剣に考えていました。

でも、ルンバとか、パナソニックのルーロとか・・・高いんですよね

 

結局、いろいろ考えるうちに、

掃除道具にお金をかけすぎるのも良くないし、コスパの良いものを探そう

ってなっちゃう、the、一般人な僕です。

そのように思う人も多いのではないでしょうか。

だからこそ、「コスパよく、掃除も楽になる方法」を考えてみました!

では、順に説明していきます。

できるだけ床にモノを置かない

掃除が楽になる秘訣は、「できるだけ床にモノを置かない」です。

何もミニマリストのように何でも捨てようとは言いませんが、自分の好きなものだけ選んで、シンプルなリビングにすることが大事です。

うちのリビング(15畳ぐらい)には、

・ローテーブル

・ごろ寝ざぶとん×1

・ざぶとん×2

・テレビ台

しかありません。

ラグやカーペットもないです。

床にモノが多い = どかすことが大変 = ホコリも溜まりやすい = 汚い部屋を見て掃除も嫌になる ・・・と、悪循環に陥ります。

 

「仕方ない、掃除やるか」って思ったときに、目の間にある障害物(家具)はできるだけ少ないほうが良いです。

きれいな部屋のイメージがしやすいですね。

ちなみに、テレビ台はあるのですが、テレビは上にありません(笑)。台だけです。

「はたき」を使ってホコリを落とす

はたき

現代人の皆さんは、「はたきって何?」て思うかもしれません。

名前の通り、チリやホコリを、はたき落とすというシンプルな道具です。

棚や机にあるホコリを「拭き取ろう」とおもうと大変ですよ。

まずは、ホコリはひたすら床に落としてしまいましょう!

 

僕が使っているはたきも紹介します。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]
白木屋傳兵衛 商店/羽二重正絹ハタキ
[ ほこり はたき 掃除道具 清掃道具]
価格:1620円(税込、送料別)(2018/4/1時点)

(見た目)
シンプルで、和・洋どちらのテイストにも合います。
日本の古来からある掃除道具ですが、ハリーポッターの魔法の杖みたいです(笑)

それぐらい、置き場所を選びません。

(素材と特徴)
黒竹と絹でできており、どちらも天然素材です。

絹という素材は素晴らしく、紹介ページにも書いてあるのですが、「摩擦に強く、ホコリを払う力も強く、かつ、静電気も起こさない」というすぐれものです。

昔からあるものは、理にかなっているものが多いです。

 

「マキタ」の掃除機でゴミをまとめて回収!

「マキタ」は電動工具などの総合電動工具メーカーさんです。

ヤマダ電機など販売店に行っても、あまりマキタ製の掃除機は見ないですが、建築現場等に行くと、ほぼマキタ製の工具がおいてあります(笑)

そんな現場の人に愛される製品だけあって、デザインもシンプル、むしろ、無骨です。

「だが、それがいい」

 

そう思わせてくれるステキなメーカーです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

 

(見た目)
見た目はおしゃれとは言いません。しかし、シンプルで潔いです。

ダイソンの掃除機もステキですが、色が・・・あれですよね。外国のお菓子みたいです。
どれだけ吸引力があっても、家の雰囲気を壊す家電より、家になじむ家電がよいと思います。

(機能)
いちばん大事なところは、吸引力です。

ダイソンと比較したことはないのですが、少なくとも、マキタの掃除機で掃除して、溜まったゴミを捨てようとしたときに、驚きます。

うちはこんなに汚かったのか」と。

それぐらいの勢いで吸い込み、十分にゴミは取れています。
いろいろな口コミも書かれていますが、吸引力が良いという口コミも多いので安心できます。

(メンテナンス)
このモデルはカプセル式になっているので、とっても楽です。

ゴミが溜まる場所をカパッと開けて、中のフィルター周りに溜まったゴミを捨てます。
ただし、ゴミに手を触れる必要があります。もし、「ゴミは触れたくないよ!」という人であれば、紙パックにゴミが溜まり、パックごと捨てられるモデルもあるので、そちらもおすすめです。

(おすすめの使い方)
コードレス掃除機なので、取り外しできるバッテリーの充電が必要です。
僕の感覚として、十分な吸引力を発揮できるのは、フル充電から10分間ぐらいです。
そこで、

バッテリーを追加購入して、少し吸引が落ちてきたら、入れ替える

という形がおすすめです!

まとめ

紹介した「はたき」と「マキタの掃除機+バッテリー」を購入したとしても、合計2万円もいきません。

ロボット掃除機を買ったり、ダイソンの高級掃除機を買うなら、コスパ重視で、

「はたき+マキタ」

はとってもおすすめできます。

掃除をするときって、最初の一歩が何より大事ですよね。

掃除を思い立って、掃除道具を取りに行って、重かったり、障害物が多いとやる気も失います。

はたきは「棒」ですし、マキタはコードレスで持ち運びも楽なので、重さの心配もありません。

思い立ったときにすぐ掃除する習慣をつければ、きっと家もきれいに保つことができますよ!

 

 

ABOUT ME
gomeoka
gomeoka
はじめまして、30代の会社員しながらブロガーをしています。 小さな家を新築して、子供が1人います。夢は、家族で毎日一緒に、静かに、リラックスして暮らすことです。贅沢をするためのお金は要りませんが、生きていくためのお金、財産がほしい。1億ぐらいほしい。 日々の暮らし、生活の知恵、お金のこと、食べ物のこと、家が建つまでの過程など、何でも書いていきます。僕の書いたことが、誰か一人でも役に立てばいいなぁという気持ちでゆるくやっていきます。