家づくり

ビルドインガスコンロ リンナイ製DERICIA(デリシア)を買って大満足した話

こんにちは、「ごめおか(@deen_gomeoka」です。

家の新築でキッチンを考えるとき、永遠のお悩みテーマがあります。

「ガスコンロ」、「IHコンロ」のどちらにすべきか。

どこまで行っても正解はないです。だからこそ、自分がメリット思えるものが多い方で、選ぶべきですね。

我が家は、リンナイ製ガスコンロ 「DELICIA(デリシア)」を採用しました。
今でも
大満足で毎日使っています。

この記事では、

 

ガスもIHもイイね。だけど、リンナイ製ガスコンロ 「DELICIA(デリシア)」を猛プッシュするよ


という内容をお届けします。

ガスコンロのメリットは何か?

均一に熱を通しやすい

火は広がりながらお鍋を熱するので、側面までしっかり熱することができます。
炒めものをするときには、フライパンを振って調理をすることも多いので、食材に熱が通りやすく、おいしく調理できます。

また、お鍋でお湯をわかすときに、沸騰の仕方もかわります。
しっかりと熱が循環してお湯が湧くので、何かを茹でるときに均一に熱が通りやすいです。

 

子どもに火を教えることができる

メリットでもあり、デメリットでもあります。

火の熱さ、怖さをしっかり伝えることで、危険を減らして教育にもなります。
何より、大人になって火を使った調理ができないということはちょっと怖いですね。

ただし、ちゃんと火を扱えないお年寄りがいる家庭の場合には、火は危険です。
お年寄りは自分で火を使えてしまうので、何かあったときの危険度が増します。
自動消火などの安全装置は標準で付きますが、あくまで補助装置と思ってください。

家族構成をよく考えて、設備を選びましょう。

DELICIA(デリシア)の特徴とイチオシポイント

「DELICIA(デリシア)」は、ガス製品大手「リンナイ」さんが販売しているビルドインタイプのガスコンロです。

リンナイさんが販売しているガスコンロはいくつも種類があり、機能によって、お値段とグレードが分かれています。その中で、「DELICIA」は上位(ハイエンド)クラスの性能なので、お値段もそこそこ高いです。15-20万ぐらいしたはず。

高級感を伝えたいので、Amazonの製品画像リンクを貼ります。それがこちら。

アルミのフロントとガラス天板で高級感のある仕上がりです。
本物は、本当に高級感があって良いですよ!

ビルドインガスコンロ DELICIAの基本性能を知る

コンロオートメニュー搭載

最近のコンロは、もはやパソコンのようです。液晶パネルがついていて、メニュー操作で、調理設定をできます。

例えば「餃子」と設定して、フライパンで餃子を焼くと、残り時間や火加減を自動でコントロールして、いい感じに出来上がります。
※自動調理ができますが、火を使う以上、傍から離れることはNGです。

 

スマホと連携できる

コンロオートメニューと連動する機能として、スマホとDELICIAをBluetoothで接続して、レシピを送ったりすることができます。

買った後にもレシピがどんどんアップデートされていきます。
まさに現代のスマートコンロです。

 

掃除が簡単なガラストップ

トップ(天板)には、ドイツ製のガラストッププレートを使っており、見た目もよいです。
最近のiPhoneXSなどの裏面もガラスですが、同じような高級感があります。

もちろん、見た目だけの機能ではなく、ガラスなのでさっと汚れを拭き取りやすい。
そして、ガラスの裏側にはアルミパネルが入っているので、熱を分散させて、コンロ周りも表面温度を抑えます。

温度が低いと何が良いの?

料理の時に、こぼれても、焦げ付きにくくなります。

 

 

DELICIAの口コミ一押しポイント グリル機能ココット&ダッチオーブン

このグリル機能が最高です。

ぼくは、この機能を使うようになって、電子レンジは要らなくなって捨てました。
今どきのグリル機能は、超高機能です。

・グリルの上下にバーナーがあり、800度の高温で調理可能
・直火と遠赤外線のダブル効果で、「パリッ」と「ふっくら」の調理を両立
・余計な油は高温で「焼き切る」から汚れにくい

かんたんにいうと、何でもできて、何を焼いてもめっちゃうまいんです。

・鶏肉
→一番感動しました。もも肉を塩コショウを振って、焼くだけ。
パリッパリの鶏料理が完成です。じょうだんではなく、「火って偉大だな」と思いました。

・揚げ物、天プラ
→自動温め機能で、カリッカリにあったまります。油も落ちます。

・パン
→表面はパリッと、中はふんわりしたままです。

・油揚げ/厚揚げ
→これが一番の驚きでした。表面が「サクッ」という食べたことのない食感になります。

 

そして、調理する器具は3つあります。

・プレート
→波打つ形のプレートです。この波のおかげで、油が下に落ちて、温めにもちょうどよいです。パンのトーストとか、お惣菜を温めるときにはこちら。

・ココット※
→上のプレートが少し深めになったものです。波打つ形のプレートです。サンマなど油が飛ぶ食材で本領発揮。
※ココット(底のプレート)はDELICIAに標準で付きますが、上の蓋は別売りです。

・ココットダッチオーブン※
→上のプレートは浅めで、このダッチオーブンはより深いです。
焼き芋、パン、ケーキなどオーブン料理から、肉じゃが、カレーなど煮込み料理まで作れる万能選手。
※ココットダッチオーブンは別売りです。

 

さて、ここまで延々と言葉で語ってきましたが、さらにリンナイさんがアップしているYou Tubeの動画を見てもらえれば、イメージもばっちりです。

 

まとめ

キッチンでガスコンロを採用するなら、絶対に高機能なコンロを買いましょう。

一台でいくつもの機能を利用できて、かつ簡単です。
正直なところ、初期投資は高いですが、その分だけ、毎日の生活が楽しく、豊かになります。
ぼくのように、生活スタイルによっては、電子レンジをなくしても良いので、トータルコストが下がります。

2大ガスコンロのメーカーといえば、今回紹介した「リンナイ」さんと、もう一社が「ノーリツ」さんです。
どちらも同じような機能がありますので、最後は好みで選ぶのもありでしょう。

今日はここまでです。読んでもらいありがとうございました。

ABOUT ME
gomeoka
gomeoka
はじめまして、30代の会社員しながらブロガーをしているごめおかです。 妻と楽しく二人ぐらしで、2017年に小さな家を新築しました。 日々の暮らし、生活の知恵、お金のこと、食べ物のこと、家が建つまでの過程など、何でも書いていきます。僕の書いたことが、誰か一人でも役に立てばいいなぁという気持ちでゆるくやっていきます。