生活

【実録】2018年1月 エアコン2台 24時間稼働の電気代

一か月の電気代、どえらい金額になりました。

一か月の電気代、どえらい金額になりました。

(大事なことなので、二回書きました)

エアコン2台 利用状況

・エアコン:2台(6.7kW 、2.8kW) 24時間フル稼働ノンストップ

・設定温度:21~24℃設定

・期間  :1か月(2017年12月22日~2018年1月22日)

・平均気温:4℃前後

・電力会社:Looop電気

・契約内容:基本使用料「0円」 使った分(kWh)× 21円(税込)=電気代

・給湯  :電気/ガスのハイブリッド(電気分だけで150kWhほどと思われます)

一ヶ月の電気代は?

・合計電気代:22,206円(税込み)

・合計使用量:945kWh

という非情な結果でした。

「だれだ!高気密・高断熱住宅は、電気代が安くなる」といったのは。と、狼狽するレベルに電気代がかかりました。

この結果に凝りて、2月現在は、エアコンの設定温度も下げて、お風呂もお湯は張らず、シャワーのみにしてみています。

どれだけ変化があるのかを2月末には比較できると思います!

では、電気代だけではなく、実際の生活面を考えます。

エアコンつけっぱなしの感想

間違いなく、「快適」でした。

外から帰ってきても、家の中は一定の温度で暖かい。

寝るときは、基本布団一枚。たまに、どうしても寒いときは毛布を使う。

家の中では、厚着もしません。

洗面所/脱衣室 兼 サンルームを兼ねた部屋にエアコンがあるので、洗濯物も一晩干せば十分乾く。

ある意味、エアコン2台使ってるなら、電気代も高くて当たり前だよね、ということも言える。

ずっとこの電気代を払ってもいいと思う?

正直、悩むレベルです。

快適なことは間違えないが、その引き換えにこの電気代が続くことは許容できないです。

もっと調整をして、過ごしやすく、かつ、月の電気代も15.000円を切りたい。

注意してほしいこと

我が家の結果は、まだまだ電気代を安くできる見込みはありますが、「高気密・高断熱」=電気代も安くなるので、お得!と考えると痛い目にあう可能性があります。

電気代が一番かかる冬に時期に、「どのように暖房器具を使うか」をよく考えて、電気代もシミュレーションしてみましょう。

関連記事>>>【実録】2018年2月 エアコン2台 24時間稼働の電気代 間違った努力の行方