生活

【Google マップ】ローカルガイドに登録して特典を受けよう!

こんにちは、「ごめおか(@deen_gomeoka)」です。

突然ですが、ぼくの恐怖体験を語ります。

今年のはじめ、「Google Maps Timeline」から一通のメールが届きました。Googleサービスから届くメールなので信頼はしていますが、中身を見ると、正直「ぞっ」としました。

そこには、ぼくの一ヶ月間の行動履歴がきれいにまとめてレポートされていました。

具体的には、

・訪れた都市
・訪れた場所(お店など)
・歩いた距離
・乗り物に乗った時間(飛行機など)

といった内容がまとまっていました。

ぼくは、Googleにレポートを申し込んだ記憶ありません。でも、スマホでGoogle マップも使います。すると、何も意識をしていなくても、これだけの情報を取得されているんだなと実感しました。

Googleは、サービスを無料で提供することで、ぼくらの行動パターンや個人情報などいろんな情報を収集してビックデータにして、さらに新しいビジネスにつながる。という構図ですね。

試しに調べたところ、ぱっと見るだけで、Googleが提供しているサービスは80コ以上あります。
外部リンク>>>Googleのサービス一覧

今の暮らしとGoogleのサービスは切っても切り離せません。ならばやることは一つです。

もっとサービスを活用して、Googleさんにもがっつり協力しよう!

そして、手始めに、Google マップの口コミを書く人になろうと決意しました。

Google マップのスゴさを理解する

スマホを持っている人なら、ほぼ100%、Google マップを利用したことはあるでしょう。それだけ便利な無料の地図アプリです。

そもそも、地図は本来「有料」です。10代からスマホを持っている人にはイメージにしくいと思いますが、車のカーナビを買うと、地図は数年分しか無料で更新できません。期間後、最新の地図データがほしいなら、「有料」で購入するスタイルでした。

誰かが道を調べて、新しい道ができたら更新してくれている」わけですから、お金がかかることは当然です。

その地図を、スマホさえ持っていれば無料で、かつ、場所を検索でき、音声ナビとしても使えて、口コミや写真も見れます。
改めて考えると、Google マップって、とんでもなくすごいアプリです。

そして、今回ぼくは「口コミや写真を投稿する人」のプログラムに申込みました。

ローカルガイドプログラムに参加する

Google マップで口コミや写真を投稿することは、誰でもできます。上に書いたローカルガイドプログラムというものに参加する必要はありません。

ローカルガイドプログラムとは?

かんたんに言うと、「写真や口コミを投稿してポイントをためて、特典をもらえるプログラム」です。18歳以上で、Googleアカウントを持っていれば、参加できます。

協力してポイントをゲットしてレベルをあげる

Google マップで口コミや写真ですが、細かく書くと、次のことができます。

・評価と口コミ
・写真を撮る
・Google マップにない場所を追加する
・場所の情報を編集する(お店の営業時間など)
・質問に答える(google マップからたまに質問が来ます)
・事実を確認する(情報が正しいかのチェックのようです)

貯まるポイントは、協力内容によって変わります。ざっくり書くと、
・口コミ1件:10ポイント
・写真1枚 :5ポイント
になります。

さらに、ポイント数に応じたレベルがあります。レベル1~レベル10までの10段階です。
こちらも、ざっくり書くと、
レベル5  :500ポイント
・レベル7  :5,000ポイント
・レベル9  :50,000ポイント
レベル10:100,000ポイント
になります。
レベル5ぐらいまでの到達は早そうですが、その先がめっちゃ思い。。。

ポイントやレベルの詳細は、Googleの説明ページも参考にしてみてください。
外部サイト>>>ローカルガイド ポイント、レベル、バッジについて

ローカルガイドの特典は何があるのか?

具体的はことは説明されていませんが、説明ページには、

・Google の新機能への早期アクセス
・パートナーからの特別な特典などのメリットを受けられる
・レベル 4 になったら、Google マップに最初のローカルガイド バッジを表示でき、自分の口コミに注目を集めて存在感をアピールできます。

と書いてあります。過去には、Google Driveの増量や、Google Play Musicが3ヶ月無料などあったようですが、今は廃止されています。このあたりは、Google様のさじ加減ひとつです。

(今やっているかわかりませんが、参加者の人のブログを検索していると、Google Japanの説明会(六本木)に呼ばれてたりもしています。行ってみたい。。)

ローカルガイドプログラムの注意点 アカウントを匿名に変更する

もし、ここまでの説明を見て、「おもしろそう」と思ってくれた人がいたら、是非一緒にやってみましょう!

外部サイト>>>ローカルガイドプログラム 登録ページ

ただし、一つ注意が必要で、「匿名では参加できません」
Google アカウントを作ったときに、ほとんどの人は実名で登録をすると思いますので、投稿すると、実名が表示されます。

ぼくは、見られて困る投稿をするつもりは一切ないですが、仕事柄、実名は出したくありません。そこで、Google アカウントの実名登録を変更して、名字を空欄にして、名前のみの登録にしました。こうすることで、関連するGoogleのサービスすべての名前が変更されますので、これはこれで注意です。

例:田中マイケル → マイケル に登録を変更しました。
こうすると、Googleのサービスで、全て「マイケル」として表示されます。メールの送り主も「マイケル」になります。

実名で参加するか、任意の名前で参加するかは、自分に合わせて選びましょう。
変更手順は以下のサイトで見れます。

外部サイト>>>Google アカウントの名前とその他の情報の変更

ローカルガイドでレベル7(5000ポイント)を突破 その感想は?

(2018年12月追記)

日々、少しずつ口コミや写真を追加して、6000ポイントを突破しました。今のところ、Googleから特別なメール連絡はありません。
まあ、ぼく程度のレベルの人はいくらでもいますし、当然です。

地味にうれしいところは、

200文字を超えるような長文の口コミを書いて、だれかが「イイね」

をしてくれることです。
Google Mapの役に立つ情報は、誰かのがんばりでおかげですよ。

この記事を読んでくれたかも、誰かの口コミで参考になったときには、「イイね」を押しましょうね!

進化するバッチの種類

写真や口コミの数に応じて、もらえる「バッジ」は増えていきます。
バッジは、下記のように分かれています。たとえば、たくさん、写真を投稿すると、「写真ビギナー」から「写真エキスパート」という称号のバッジになります。

・クチコミバッジ
クチコミ投稿箇所、200字を超えるクチコミ数、クチコミのいいね獲得数

・写真バッジ
追加した写真数、追加した箇所、写真の表示回数

・位置情報バッチ
情報の修正をした数、情報の確認をした数、回答した数

・開拓バッジ
最初の写真を追加した場所数、最初の口コミを投稿した場所数、最初の場所を追加数

・ディレクターバッジ
動画を追加した場所数

 

まとめ

世の中の無料サービスは、簡単にできるわけではありません。

当然、そのサービスを作る人がいて、ボランティアではできません。Googleも、Google マップのサービスは用意していますが、その内容をより良いものにしていくのは、利用するユーザーの協力が必須です。

サービスを受ける側から、少しでも参加する側になることで、改めてサービスのありがたいを感じることができそうですね。

今後も、ローカルガイドプログラムの特典を貰えるようになれば、随時アップしていきます!また、Google Driveなど便利なサービスも解説していきます。

一緒に、Googleのサービスをもっと便利に使いましょう!

今日はここまでです。読んでもらい、ありがとうございました。

ABOUT ME
gomeoka
gomeoka
はじめまして、30代の会社員しながらブロガーをしています。 小さな家を新築して、子供が1人います。夢は、家族で毎日一緒に、静かに、リラックスして暮らすことです。贅沢をするためのお金は要りませんが、生きていくためのお金、財産がほしい。1億ぐらいほしい。 日々の暮らし、生活の知恵、お金のこと、食べ物のこと、家が建つまでの過程など、何でも書いていきます。僕の書いたことが、誰か一人でも役に立てばいいなぁという気持ちでゆるくやっていきます。