音楽や本、ビデオ

音楽を聴かなくなったおっさんたちは、定額聴き放題サービスでエモい感情を取り戻せ!

社会人になって、年をとって、30歳を過ぎた「ごめおか(@deen_gomeoka)」です。

僕は、中学~大学の時期に、よく音楽を聴いていました。
その後、社会人になると、仕事もあり、自分の時間も減り、めっきり聴くことは減りました。
同じような人は多いでしょう。

そんな僕が、音楽を聴く時間が増えるようになりました。
ふと聴いてみたい曲があって、試しに、定額で聴き放題の音楽サービスに登録したことがきっかけです。

おすすめできるサービスなので、この記事で紹介していきます。
この年になって、音楽を考えるきっかけにもなりました。

音楽は、音楽は名前の通り、「音を楽しむ」ことです。
好きな曲を聴くと、リラックスしたり、テンションが上がったりして、楽しめますよね。

しかし、中年になって音楽を聴くと、別の効果があります。

好きだった曲は、必ず過去の思い出とセットです。そんな曲を聴くと、これまでの楽しかったこと、辛かったこと、いろんな記憶が一緒に浮かんで、心を揺さぶります。

今の言葉なら、「エモい」ですね。
もし、「エモいって何ぞ?」という方は、こちらの説明をどうぞ。

エモいは、英語の「emotional」を由来とした、「感情が動かされた状態」、「感情が高まって強く訴えかける心の動き」などを意味する日本語の形容詞。感情が揺さぶられたときや、気持ちをストレートに表現できないとき、「うまく説明できないけど、良い」ときなどに用いられる。
出典:ウィキペディア エモい

 

おっさんになって、あまり物事に感動することがなくなりました。しかし、これは自分が変わったわけでなく、10代の頃の感受性が、思考の奥底で眠ってしまっている状態ではないでしょうか。

寝ってしまった感受性を、揺り起こしてものが、音楽なのか」と、最近は感じるようになりました。

少し語りが過ぎましたけど、定額の聴き放題サービスを紹介していきます!

定額で聴き放題サービスのメリットとは?

名前の通り、月1,000円ぐらいを支払うと、インターネット経由でスマホやパソコンで好きな音楽を、好きなだけ聴けるサービスです。

大手のサービスはいくつかもあるので、そのサービスに自分の聴きたいアーティストが登録されているかが大事になりますが、最近はどこのサービスも楽曲数は、3,000~4,000万曲ほどあります。J-POPはもちろん、洋楽まで幅広くカバーされており、ほとんどのジャンルが網羅されています。

圧倒的にコスパが良い

アーティストのアルバムを一枚買うと3,000円ぐらいかかりますね。レンタルでもアルバム1枚で数百円はかかります。

これに比べると定額サービスは、どれだけ聴いても月1,000円弱です。
無料サービス期間を順に回せば、一年弱は無料で音楽聴き放題です!

おすすめの曲を紹介してくれる

この機能がとっても便利です。

定額サービスは、最初に自分が好きなアーティストやジャンルを登録します。そうすると、おすすめの曲を紹介してくれたり、ピックアップしたプレイリストを紹介してくれるます。

今、僕は「Amazon music unlimited」で音楽を聴いているのですが、

・お客さまにおすすめのプレイリスト
「パンク 20選ふたたび、スピードアップ! 」
「春を告げるいやしのJ-POPピアノ」

・お客様のおすすめのアルバム
「Ryzetsiran/GO!GO!7188」
「19 BEST●青/19」

・「この曲を聴いたお客様はこんな曲も聴いています」

というように、ガンガンおすすめの曲を紹介してくれます。最後なんて、さすがAmazonって感じですね(笑)

大手聴き放題サービスをまとめて紹介

有名な聴き放題のサービスをまとめました。※2018/5/5現在

サービス名料金※個人プラン 制限プラン 楽曲数
Amazon
music unlimited
月額980円
※30日無料
AmazonPrime加入で100万曲分は再生可能4,000万曲以上
Apple Music 月額980円
※3ヶ月無料
 -4,500万曲
LINE MUSIC 月額960円
※3ヶ月無料
4,500万曲
Google Play Music月額980円
※30日無料
100円で3ヶ月利用可
3,500万曲
Spotify月額980円
※30日無料
100円で3ヶ月利用可
広告あリ、シャッフル再生のみで無料利用可能4,000万曲以上

見てもらうとわかりますが、料金はほぼ変わりません。楽曲数はGoogle Play Musicがやや少ないですが、気にするレベルではないですね。

そして、上から順に無料期間だけをずっと楽しんで、次のサービスに行けば、9ヶ月楽しめます。

音楽は自分の好みがあるので、好きなアーティストの曲があるか、聴きたいプレイリストがあるか、無料体験しながらじっくり探していきましょう。

今の時点で僕のおすすめは「Amazon music unlimited」です。
別の有料Amazon Prime(僕は加入済)に入っていると、月額「780円」と少し安くなることが魅力ですね。

無料体験してみたい方は、こちらから是非どうぞ!

好きな曲をもっと楽しむ方法

定額サービスの無料登録をしたら、次は音楽を楽しむ環境を考えましょう。

音楽は、家か車の中で聴くべし

僕は、音楽は、家か車の中で聴くべきだと考えています。どちらも「邪魔されずに聴ける場所」です。
できれば一人が良いですが、家族が同じ音楽が趣味なら、一緒に聴いても良いですね。

逆に、ウォーキングやジョギングのときには、聴くべきではないと考えています。ウォーキングするときには、天気や外の音を楽しみましょう。
あと、単純に危ないです。

少しだけ再生環境に投資しよう

オーディオに詳しい友人に良いことを教えてもらえいました。

耳に近い距離の機材を変えると、効果が大きいよ」と。

なるほと、スピーカーやイヤフォンから音が出るわけなので、そこを変えれば、体感も変わりますね。
耳から遠くなるほど、よりマニアックになるので、玄人でなければ差がわからないようですね。

僕は家の中で聴くことが多いので、スピーカーを買いました。

ざっくりと書くと、「出力10W以上で、駆動時間は長めが良い」ということです。
その上で、値段なども熟慮して購入したスピーカーはこちら。

Anker SoundCore Boost (20W Bluetooth4.2 スピーカー スタイリッシュデザイン)
【IPX5防水規格 / 最大12時間再生可能】

Ankerはあまり聞き慣れないメーカーかもしれませんが、元googleエンジニアの方が立ち上げたブランドで、スマホのバッテリーなど周辺機器にとっても強いです。
コスパがめっちゃ良いので、この点では太刀打ちできる国内メーカーは無いでしょう。

購入した時は、6,000円ぐらいでした。今のところ、不満ゼロ、大満足です。

思ったより小型で、20Wあるので音の迫力も十分!特に、ロック系の音楽を聴いたときに、ベースとかドラムの響きがまったく違います。音がクリアになって、重みがあるので、臨場感が伝わる気がします。(スマホについているイヤフォンとの比較)

(追記)
無印良品で売っている「LED電球&Bluetoothスピーカー」を使っても良さそうです。
電球型のスピーカーなので、場所を取ら無いことが何よりのメリット。

関連記事>>>リビングのLED電球をスピーカー付きに変えて、カフェのような空間にしよう! 無印良品「MJ‐BL1」

まとめ

好きな音楽を聴く時間を習慣化すると、毎日の生活も少し豊かになります。

そして、眠っていた感受性が少しでも活性化してくると、趣味の幅も広がってきます。
映画を見ると以前より感じ方も変わってきますし、主人公への感情移入もしやすいですね。

僕の生活でも大きな変化がありました。生まれてはじめて、好きなロックバンドのライブに行くようになりました!

9mm parabellum bullet」という4人組で、めっちゃかっこいいバンドです。(そのうちブログでも取り上げてたい)

これまでは、「ライブって怖そうだな。おっさんは参加しても若い子ばっかりでついていけないでしょ」と思っていました。
しかし、良い音で音楽を聞くと、不安以上に好奇心が増えるんですよね。

もちろん、ライブは最高に楽しい思い出になり、今でも年一ぐらいで行っています。

みなさんも、音楽を楽しみましょう!(二重言葉なのが気になるなぁ)

今日もここまで読んでもらい、ありがとうございました。

ABOUT ME
gomeoka
gomeoka
はじめまして、30代の会社員しながらブロガーをしているごめおかです。 妻と楽しく二人ぐらしで、2017年に小さな家を新築しました。 日々の暮らし、生活の知恵、お金のこと、食べ物のこと、家が建つまでの過程など、何でも書いていきます。僕の書いたことが、誰か一人でも役に立てばいいなぁという気持ちでゆるくやっていきます。