生活

テレビ、無くしました

ふと思い立って、我が家に1台しかないテレビを無くしてみました!
(正確には、物置にテレビを隠して、すぐには見れない状態を作りました)

こんな状態で、3日ほど経ちますが、

全然テレビを見なくても困らない

ということがわかりました。

丁度良い機会なので、「テレビがあるメリット」「テレビがないメリット※」を考えます。
※テレビのデメリットではなく、テレビがないことで生まれるメリットです!

テレビがあるメリット

・地デジ・BSが見れる

・大きな画面で番組が見れる

・ゲームの画面を映せる

テレビがないメリット

・部屋にスペースが生まれる、圧迫感もなくなる

・電気代が減る

・NHKと契約しなくて良い

・なんとなくテレビを見る時間が減り、他に時間を使える

お互いのメリットを考えてみる

以前の記事でも、テレビと向き合う3つのポイントをまとめたのですが、

関連記事>>>テレビと向きあう3つのポイント

「テレビで何をしたいか」が非常に大事です。

ゲームもしない人で、かつ、地デジ・BSももないなら、正直テレビは必要ないと感じています。

僕もテレビを無くす前までは、多少見たいと思うバラエティ番組はあったのですが、テレビをなくすと、そもそも番組への興味自体も薄れていきました。どうやら、見たいと思う番組も、見ても見なくてもどっちでも良い番組のようでした。

最近は、AbemaTV、YouTube、AmazonPrimeなど多様化していますので、地上波が見たいというこだわりがなければ、インターネットさえあれば、大体の情報は得られますね。

AbemaTVは、ずーとニュース配信をしている番組もあるので便利です。

どこかのTwitterかネットニュースで見たのですが、今の子どもたちは「明石家さんま」と言ってもわかない子が多いようです。

逆にYouTuber「ヒカキン」といえばすごい人気ですね。

つまり、テレビ自体が娯楽の中心ではなくなってきており、子どもたちも見なくなっているようです。

おそらく、今後10年(早ければ5年)で、テレビの必要性や在り方もガラッと変わるのではないでしょうか?

少し先を見つめるなら、家造りをするときにも「リビングはテレビを中心には考えない」ことが正解となりそうです。

ABOUT ME
gomeoka
gomeoka
はじめまして、30代の会社員しながらブロガーをしているごめおかです。 妻と楽しく二人ぐらしで、2017年に小さな家を新築しました。 日々の暮らし、生活の知恵、お金のこと、食べ物のこと、家が建つまでの過程など、何でも書いていきます。僕の書いたことが、誰か一人でも役に立てばいいなぁという気持ちでゆるくやっていきます。