お金

【完全ガイド】キャッシュレス決済「PayPay(ペイペイ)」をわかりやすく解説

(2018年12月13日22:30分追記)
PayPayの100億円あげちゃうキャンペーンは、13日23時59分で終了になりました

こんにちは、「ごめおか(@deen_gomeoka」です。

また一つ、大きなキャッシュレス決済サービスが出てきました。

PayPay(ペイペイ)

どこぞのパンダのような名前ですが、ソフトバンク+Yahoo!JAPANが手を組んで広めようとしているサービスです。

今年から来年にかけては、支払いサービスの乱立が起きています。

・LINE Pay
・楽天 ペイ
・Origami Pay

など・・・正直、どのサービスも横並びなので、各社、今後の覇権を取ろうと必死になっています。消費者からすると、現金支払い以上に大きなメリットがないと、わざわざこのサービスを使いません。

つまり今、各社は大きなメリットを準備しようと必死です。要は、バラマキ作戦ですね。

その中でも、大バラマキサービスをやっているところが、

PayPay(ペイペイ)

です。

PayPayのキャンペーン、特徴、実際に使用したレポート、さらにはスマホ/キャッシュレス決算の説明から行います。この記事を読んでもらえれば、現金生活には戻れません。

スマホ決済/キャッシュレス決済のイメージを知ろう

PayPayは、アプリを使って、QRコードを読み込んで支払いをします。

とっても難しそうですが、あまり怖がる必要はありません!
単純に、

買い物をするときの支払い方法が変わるだけ

と思ってください。

現金の支払いと、PayPayの支払の流れをみてみましょう。

(現金払い)
①銀行でお金をおろす
②お財布に入れる
③お買い物で、お財布から現金を出して支払う

(PayPay)
※全てスマホだけの操作です。
①PayPayというサービスに登録する
②銀行口座からPayPayのサービスに入金(チャージ)する
③お買い物で、PayPayアプリで支払う(QRコード使用)

このような流れになります。
銀行でお金をおろす手間も、お財布からお金を出す手間も、お釣りで財布がパンパンになることもありません。

全て、アプリ上の操作で完結しますので、とっても便利です。

 

スマホ決済/キャッシュレス決済の不安を解決

ぼくの周りには、「スマホ決済?よくわからない」という人はたくさんいます。
しかし、一度やってみれば、何も難しいことはありません。

日本政府は、国の方針として、スマホなどの決済を進めようとしています。
なれるなら、今のうちがチャンスです。

周りからよく聞く不安も、すべてイメージばかりが先行しており、解決できるものばかりです。

 

スマホを落としたらどうするの?怖い

スマホを落とすと危ないですし、勝手に使われる可能性はあります。
ただ、ほとんどの人は、スマホに対して指紋/顔認証やパスワードを設定していますので、ロックが掛かっていますので、すぐに使われる可能性は低いです。

むしろ、財布に鍵ついていますか?財布を落としたときのほうが、リスクは高いです。

 

使いすぎそうで怖い

アプリ上では、「いつ」「どれだけの金額」を使ったかがひと目で分かります。
アプリにチャージした分しか利用できない設定にできるので、使いすぎることはありません。

(アプリの画面)

 

お店でうまく使えるか不安

これはとってもわかります、ぼくも不安でした。
最初の支払いが一番不安ですが、イメトレ出来るように、動画も準備されています。

さらに、消費者と同じぐらい、お店の人も不安です。
ぼくは、これまで支払いを急かされたりすることは一度もなく、お店の人がよくわからないときには、他の店員さんが来てくれて、横でフォローしてくれました。

みんな初心者なので、気にする必要なし! ということです。

外部リンク>>>【PayPay(ペイペイ)】サービス紹介動画_レジ払い篇

 

PayPay(ペイペイ)とはどんなサービス?

PayPay(ペイペイ)は、あのソフトバンクとYahoo!が共同で設立した会社によるキャッシュレス/スマホ決済のサービスです。

日本のトップ企業が用意してくれているサービスなので、安心ですね。

日本政府は、2025年に、支払い方法の40%をキャッシュレス決済にする

という目標を掲げています。
日本全体が、キャッシュレス決済の流れになっており、その流れに沿うサービスの一つがペイペイです。

PayPay(ペイペイ)のメリット

モバイル決済/QRコード決済全体のメリット

PayPay(ペイペイ)に限らず、モバイル決済のメリットは、

・スマホだけ決済できて、お財布不要
・お釣りも出ない
・アプリでどれだけ使ったかすぐにわかる
・PayPayに登録している友達同士で、送金できる(割り勘とかに便利)

というメリットがあります。
「お金の流れが目に見える」ので、お金の管理がうまくできない人こそ、使うメリットがあります。

PayPay独自のメリット

新規登録で500円相当のポイントがもらえる

とりあえずアプリをダウンロードして、登録するだけで500円がもらえます。
※実際には、1ポイント1円相当で利用できる「PayPayボーナス」がもらえます。

【PayPay独自のメリット】お支払いで0.5%還元

PayPayで支払いをすると、「必ず」支払い金額の0.5%を、PayPayボーナスというポイントで還元してくれます。

現金払いでは、絶対にないメリットなので、使えば使う分だけお得です。

※お一人様につき、月5,000円相当までという上限があります
※今のところ無期限ですが、PayPayのホームページには、「特典内容および適用条件、特典を予告なく変更する場合や、中止する場合があります。」と書いてあります。

PayPay(ペイペイ)のデメリット

発展途上のサービスのため、デメリットもあります。
今後、アップデートで改善されることを祈りつつ、現状を知りましょう。

支払いできる店舗が少ない

一番困ります。魅力的な支払い方法でもあっても使えなくては意味はありません。

2018/12/4時点では、次のような店舗で利用できます。
※よく使えそうな店舗をピックアップしています。実際にはもっと多いので、詳細はPayPayの公式ページを確認してみてください。
外部リンク>>>PayPay公式ページ

■利用可能な店舗
・白木屋、千年の宴、山内農場、魚民、笑笑などのモンテローザグループ系居酒屋
・メガネドラッグ
・ホテルマイステイズなどグループ
・ファミリーマート、
ヤマダ、エディオン、ビックカメラ、コジマ、ソフマップ、Joshin
・中央コンタクト/フラワーコンタクト
・HIS
など

■今後利用可能な予定の店舗
・ポプラ、ミニストップ
・ビックエコー
・眼鏡市場
・ゲンキー
・てもみん
など

 

登録まで手間が多い

他の同じようなサービスと比べて、手間が多いと感じます。
アプリとYahoo!などの単語が入り交じるので、複雑にんじてしまいますね。
まとめると、

・PayPayアプリのダウンロード
・Yahoo!JAPANアカウントの登録(持ってない人は作成)
・Yahoo!ウォレットの登録
・銀行口座の登録

と、これだけのステップを踏む必要があります。
作業自体、あまり時間はかかりませんが、初めて登録される方はちょっと戸惑うかもしれませんね。
 

PayPay(ペイペイ)の注意点

デメリットとまでは言えないですが、現時点で注意が必要なところをもまとめます。

・お金を出金するときの操作が不明
2018年12月1現在、出金しようとしても「Coming soon/今後、出金できる新しい電子マネーを提供予定です」と表示される

・登録できる銀行口座はメガバンク中心 
現在、三菱UFJ銀行はチャージ不可、ネットバンクはジャパンネット銀行のみ

・期間限定の20%ポイント還元は、即日ではない
支払い月の翌月10日頃付与になります。

・3万円以上の支払いをする場合、身分証明の提示が必要
確認書類は、運転免許証・日本国パスポート・外国パスポート・マイナンバーカード・特別永住者証明書・在留カード・健康保険証・学生証

※気づいた点があれば、随時更新します

 

【期間限定】超オトクなPayPay(ペイペイ)キャンペーン中

PayPayは本気で国内のキャッシュレス決算の覇権を取ろうとしているので、いま、登録者数を増やすために、超オトクなキャンペーンを実施中です。


登録/入金で、計1,500円分(いつでも500円/期間限定1,000円)のポイントゲット
・PayPayで支払いしたら、20%分のポイントが戻る
・最低2.5%の確率で、その買物金額全額分が戻る

どれも期間限定なので、今のうちに早めに登録することをオススメします。

 

5000円以上チャージすると、1,000円プレゼント 12月3日で終了

PayPayで支払いをするためには、銀行からお金をチャージする必要があります。
5,000円以上チャージすると1,000円を上乗せしてくれるという太っ腹。

なお、PayPayにチャージをすると「PayPay残高」という名前で表示されます。

<PayPay残高とは>
1円単位でお買い物に利用できる電子マネーです。
PayPay残高には「PayPayライト」と「PayPayボーナス」が含まれています。
PayPay残高でお支払いの場合は、優先的に「PayPayボーナス」の残高より支払いされます。

・PayPayライト:Yahoo! JAPANカードや、Yahoo!ウォレットの預金払い用口座からPayPay残高にチャージした金額
・PayPayボーナス:特典やキャンペーン等の適用に伴い、PayPay残高に進呈された金額

■有効期限について
PayPayライトまたはPayPayボーナスいずれかの残高が変動した日から2年後です。
引用元:PayPay サポートページ

 

PayPay支払いで20%戻ってくる 2018年12月4日開始 12月13日23時59分終了 

めっちゃすごいキャンペーンです。
一人につき「月額50,000円」を上限に、PayPayボーナスとして還元されます。

たとえば、今後対応予定の店舗ビックカメラで、年末に新しいiPad(100,000円)を買かうとすると、20,000円分のポイントが戻ってきます。

普段買いたくても、「ちょっと高いな」と思ってあきらめていたものを買う大チャンスです。

 

抽選で支払い時の全額が戻ってくる 2018年12月4日開始 12月13日23時59分終了

3種類の抽選があり、少なくとも、2.5%の確率で当選します。

なかなか現実的な確率なので、当たればラッキーぐらいの気持ちで楽しみましょう。

【PayPay支払い全員】
支払らいで40回に1回の確率で全額戻ってくる(10万円相当まで)
確率にすると、2.5%です。宝くじだと思えば、十分に高い確率です。

【Yahoo!プレミアム会員限定】
20回に1回の確率で全額戻ってくる(10万円相当まで)
確率にすると、5%です。宝くじだと思えば、十分に高い確率です。

【ソフトバンク or Y!mobile限定】
10回に1回の確率で全額戻ってくる(10万円相当まで)
確率にすると、10%です。かなり現実的ですね!

 

PayPay(ペイペイ)の登録方法を動画で解説

登録の手順を説明します。
ここでは、何も事前登録などされていない人が、一から登録する手順を説明します。

1.スマホでPayPayアプリをダウンロード(30秒)
外部リンク>>>iPhone用PayPay Android用PayPay

2.PayPayアプリに新規登録(1分)
パスワードと電話番号の登録だけですぐできます。

3.Yahoo!JAPAN IDを新規登録/PayPayと連携(5分)

4.Yahoo!ウォレット(マネー)の新規登録(5分)

5.Yahoo!ウォレットに銀行口座を登録(5分)
PayPayに銀行口座からチャージできるようになります!

6.(任意)PayPayにクレジットカード登録(1分)


では、動画リンクと共に解説していきます。

PayPayアプリのダウンロードから登録まで

リンク先からすぐにダウンロードできます。
外部リンク>>>iPhone用PayPay Android用PayPay

必要なものはありませんので、携帯番号の入力とパスワードを決定します。

外部リンク>>>PayPay(ペイペイ)_アプリ操作 インストールと新規登録の方法(iPhone) 

Yahoo!JAPAN IDの作成と連携

PayPayアプリのインストールが終わると、次にYahoo!JAPAN IDの作成と連携を行います。

Yahoo!JAPANを持っていることは必須ですので、ささっと登録しましょう。

銀行口座のところでチャージをしようとすると、「ヤフーからのお客様データ提供に同意してYahoo!JAPAN IDと連携する」というメッセージが出ます。
「上記に同意して連携する」のボタンを押すと、Yahoo JAPANのログイン画面に飛びます。

画面に沿って、IDを持っている人はログインします。持っていない人は新規登録を行いましょう。

Yahoo!ウォレット(マネー)の新規登録

やっと折り返しです。

PayPayを使うためには、Yahoo!JAPAN IDにいろいろと登録が必要です。
Yahoo!JAPAN上のサービスで使えるお財布がYahoo!ウォレットであり、使えるお金の名前がYahoo!マネーです。

ただし、あまりこの仕組を知っても意味がないので、流れ作業で登録しましょう。

外部リンク>>>PayPay(ペイペイ)_アプリ操作 Yahoo!マネー支払いの登録方法

Yahoo!ウォレットに銀行口座を登録

もう少しです。

銀行のクレジットカードや通帳、もし銀行のオンライン登録をしており別のカードを持っている人はそちら準備しましょう。
PayPayアプリ→Yahoo!ウォレット→各銀行のページ と進みます。

この手続が終わると、PayPayにチャージできるようになります!

外部リンク>>>PayPay(ペイペイ)_アプリ操作 預金口座の登録方法

PayPayにクレジットカード登録

この登録は任意です。

クレジットカードから直接はチャージできない(ヤフーカードだけOK)で、クレジットカードはあくまでサブ的な要素です。

基本的に、チャージしたお金で支払う。だけど、チャージしたお金で足りないときには、チャージしたお金を使うことをやめて、クレカを使って支払いするよ。

という保険の位置づけですね。
ぼくは一応登録してあります。

外部リンク>>>PayPay(ペイペイ)_アプリ操作 クレジットカードの登録方法

PayPayで支払いを行った感想

うまくいくかドキドキしましたが、問題なく、支払いできました。

キャンペーンは始まっていないのですが、1,500円分のポイントをもらえたので、普段は買わないちょっと高いケーキを買いに行きました!

まずはお店に入ってレジを見ます。
アプリのロゴと同じ「P」と書かれた札とQRコードがあればOKです。

 

買い物をして、レジに向かいます。

支払いはPayPayでお願いします。
わかりました(ちょっと不安そう)1,500円になります。
こちらのQRコードをスキャンしてください。
はい。
(PayPayを起動して「スキャン支払い」を選ぶ。1,500円を入力)
1,500円ですね。
(PayPay画面を見せて金額確認。「支払う」を押す)
支払いました。
(PayPayの支払い完了画面を見せる)
確認しました。ありがとうございます。
(お店もシステムで確認)

と、このような流れでした。
一度目だけ少し緊張するかもしれませんが、やることはとっても簡単ですよ。

(2018年12月10日追記)
ファミリーマートで支払いを試したところ、上記の方法ではなく、コード読み取り方式でした。この場合には、とりあえずアプリを起動して、「コード支払い」をタップして、店員さんにPayPay払いをお願いしましょう。

おそらく、店頭にPayPayのQRコード札があれば自分でそのコードを読む、なければ自分がスマホを出してコードを読んでもらう、ということになると思います。

まとめ

キャッシュレス決算は、これまで日本人に馴染みがないものです。
そのため、初めて登録しようとする人のハードルがとっても高く感じてしまうことが難点です。

ですが、一度登録をしてしまえば、現金不要で絶対に便利になります。
今は、各社がこぞってキャンペーンをしているので、登録だけして、まずはオトクに使って、体験してみることが大事です。

「なにか難しそうだからやめよっと」て思っていた方がこの記事を読んでくれたなら、ぜひ、登録して、便利なキャッシュレス生活を体験してみてください。

今日はここまでです。読んでもらいありがとうございました。

ABOUT ME
gomeoka
gomeoka
はじめまして、30代の会社員しながらブロガーをしているごめおかです。 妻と楽しく二人ぐらしで、2017年に小さな家を新築しました。 日々の暮らし、生活の知恵、お金のこと、食べ物のこと、家が建つまでの過程など、何でも書いていきます。僕の書いたことが、誰か一人でも役に立てばいいなぁという気持ちでゆるくやっていきます。