お金

2019年度版 PayPay完全ガイド 初めての人にわかりやすく解説 

(2019年10月の情報をもとに書いた記事です)

2019年10月より、消費税10%になりました。消費者の負担を減らすために、政府はキャッシュレス決済(クレカやスマホの決済)で支払った場合に、ポイント還元を行う施策を実行しました。

これまで、現金払いだった人も、「そろそろキャッシュレスで支払ってみようかな」と思ったのではないでしょうか?

この記事では、スマホのキャッシュレス決済で一番お得な「PayPay」の仕組みをわかりやすく解説していきます。

PayPay(ペイペイ)ってどんなサービス?

どこぞのパンダのような名前ですが、ソフトバンク+Yahoo!JAPANが共同で設立した会社によるスマホ一台で決済(お店で支払い)できるサービスです。大企業が経営母体になりますので、安心して利用できます。

ここ数年は、スマホの決済サービスは乱立しており、他にも「LINE Pay」「楽天 ペイ」「Origami Pay」「d払い」などたくさんあります。

正直、どのサービスも横並びで、2018年頃から変わっていません。2019年9月までは、各社盛大なキャンペーンを行い、新規のお客さんを獲得しようとしていた準備期間でした。その中でも、盛大なバラマキ作戦を行い、話題になり、次々に新規のお客さんを獲得したサービスがPayPayになります。

ついに2019年10月より、

・消費税が8%から10%にアップ
・指定のキャッシュレス決済を使うと、政府からポイント還元/2% or 5%

という施策が始まりました。当然、PayPayは「指定のキャッシュレス決済」に含まれれており、使うと、政府から「2% or 5%」のポイント還元を受けられます。さらに、PayPay独自のポイント還元も1.5%~5%あります。

まとめると

キャッシュレス還元のお店でPayPayを使うと、2%~最大10%の還元を受けられる

ということになります。もう乗るしかないでしょう、このビッグウェーブに。

 

スマホ決済/キャッシュレス決済のイメージを知ろう

PayPayは、スマホのアプリを使って、QRコードを読み込んで支払いをします。とっても難しそうですが、怖がる必要はありません。単純に、

買い物をするときの支払い方法が変わるだけ

と思ってください。現金の支払いと、PayPayの支払いの流れをみてみましょう。

(現金払い)
①銀行でお金をおろす
②お財布に入れる
③お買い物で、お財布から現金を出して支払う

(PayPay)
※全てスマホだけの操作です。
①PayPayというサービスに登録する
②銀行口座からPayPayのサービスに入金(チャージ)する
③お買い物で、PayPayアプリで支払う(QRコード使用)

このような流れになります。
銀行でお金をおろす手間も、お財布からお金を出す手間も、お釣りで財布がパンパンになることもありません。全て、アプリ上の操作で完結しますので、とっても便利です。

また、

持っているスマホで使えるかな?

と思うかもしれませんが、気にしなくてOKです。基本的に、iPhoneもAndroidでも使えます。
※あまりに古いスマホでは使えないこともありますが、稀だと思います。

 

キャッシュレス決済の不安を解決

ぼくの周りには、「スマホ決済?よくわからない」という人はたくさんいましたが、2019年10月の消費税増税を期に、「ちょっとやってみようかな」と考える人が徐々に増えてきました。

周りからよく聞く不安な声をまとめてみました。

スマホを落としたらどうするの?怖い

スマホを落とすと危ないですし、勝手に使われる可能性はあります。
ただ、ほとんどの人は、スマホに対して指紋/顔認証やパスワードを設定しています。ロックが掛かっていますので、すぐに使われる可能性は低いです。

むしろ、財布に鍵ついていますか?財布を落としたときのほうが、リスクは高いです。

 

使いすぎそうで怖い

アプリ上では、「いつ」「どれだけの金額」を使ったかがひと目で分かります。
銀行からにチャージした分しか利用できない設定にできるので、使いすぎることはありません。

月次の利用レポートもあるので、現金で支払っていルト期より、どのお店にいくら支払ったか明確になっています。

(アプリの画面)

 

お店でうまく使えるか不安

これはとってもわかります、ぼくも不安でしたが、これまで一度もPayPayの支払いでトラブルになったことや、お店の方に嫌な顔をされたことはありません。

不安な人は、複数の決済の取り扱いに慣れているコンビニで、PayPayデビューすると楽でしょう。店員さんは、すでに嫌というほどPayPay決済を行っていますので、戸惑っても、ちゃんと教えてくれるはずです。

 

PayPay(ペイペイ)のメリット

モバイル決済のメリット

PayPay(ペイペイ)に限らず、モバイル決済のメリットは、

・「政府」と「決済業者」から、一部ポイント還元※期間限定
・スマホだけ決済できて、お財布不要
・お釣りも出ない
・アプリでどれだけ使ったかすぐにわかる
・不正利用の補償がある ※業者よっても変わります

という点になります。

政府としてキャッシュレス決済を推進して、支払額の一部をポイント還元してくれようとしております。そこに、PayPayなど支払い業者からも一部ポイント還元があり、2重にキャッシュバックを受けられます。使わわない限り、損をし続けることになります。

また、「お金の流れが目に見える」ので、お金の管理がうまくできない人こそ、使うメリットがあります。

PayPay独自のメリット ※2019年10月時点

お支払いで1.5~5%還元

PayPayで支払いをすると、「必ず」支払い金額の1.5%を、PayPayボーナスというポイントで還元してくれます。更に、お店は限られますが、最大5%のポイント還元を受けられるところもあります。

5%還元してもらえるお店のリストは明確になっていませんが、お店にポップが飾られているようなので、探してみましょう。

お支払い時に抽選で100円~最大1,000円還元

PayPayで支払いをすると、
・25回に1回(4%)、最大100円のポイント還元
・100回に1回(1%)、最大1000円のポイント還元
を受けられます。無料で受けられる宝くじと考えましょう!

 

PayPay(ペイペイ)のデメリット

大きなデメリットはありません。サービス開始当時は、使えるお店が少なかったり、登録までの手間が多いというデメリットはありましたが、改善されています。

あえて上げるながら次の点です。

三菱UFJ銀行を新規登録して使えない

PayPayで支払いをするためには、銀行口座、クレカ、ATMのいずれかを使いお金をチャージすることが多いです。その中でも、銀行口座を使う方法がメインになりますが、三菱UFJ銀行は利用できません。メガバンクが利用できないことはデメリットです。

チャージしたお金を出金する手数料が100円かかる

銀行口座からPayPayにチャージして、結局使わなかった場合に、元の銀行口座に出金したいということもあると思います。そのときに、ジャパンネット銀行への振り込みなら手数料0円、それ以外の銀行は100円かかります。

 

PayPay(ペイペイ)の注意点

デメリットとまでは言えないですが、現時点で注意が必要なところをもまとめます。

・クレジットカード利用時の支払額に上限がある
不正利用防止の目的で、24時間内の支払額上限は5,000円~25,000円、30日以内でも5,000円~25,000円となります。

外部リンク>>>PayPayよくあるご質問

※気づいた点があれば、随時更新します

 

PayPay(ペイペイ)残高とは?


PayPayに銀行口座からお金をチャージをすると「PayPay残高」という名前で表示されます。

詳細は本家サイトから引用します。種類がいくつもありますが、実際に支払いに利用するときに、以下の種類を気にしたことはありません。「そんなものなんだ」という程度の認識で問題ないです。

<PayPay残高の種類>

PayPayマネー
本人確認後に銀行口座やセブン銀行ATM、ヤフオク!の売上金を利用してPayPay残高にチャージした残高です。
出金や、PayPay残高を送る機能、わりかん機能で友だちに送ることができます。

PayPayマネーライト
Yahoo! JAPANカードや、ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払いを利用してPayPay残高にチャージした残高です。
PayPay残高を送る機能や、わりかん機能で友だちに送ることができます。

PayPayボーナス
特典やキャンペーン等の適用に伴い、PayPay残高に進呈された残高です。
PayPay残高を送る機能や、わりかん機能では使えません。

PayPayボーナスライト
特典やキャンペーン等の適用に伴い、PayPay残高に進呈された残高です。
PayPay残高を送る機能や、わりかん機能では使えません。
また、有効期間が設定されており、有効期間を過ぎると失効します。
なお、Yahoo! JAPANが付与するPayPayボーナスライトを利用する際には、Yahoo! JAPAN IDの連携が必要です。

引用元:PayPay サポートページ

 

 

PayPay(ペイペイ)の登録方法を動画で解説

登録の手順を説明します。
ここでは、何も事前登録などされていない人が、一から登録する手順を説明します。

1.スマホでPayPayアプリをダウンロード
外部リンク>>>iPhone用PayPay Android用PayPay

2.PayPayアプリに新規登録
パスワードと電話番号の登録だけですぐできます。

3.支払の方法の設定
・銀行口座、ATM、ヤフーカードからチャージを行なう
・ヤフーカード以外のカードを登録
のいずれかになります。


では、動画リンクと共に解説していきます。

1~2 PayPayアプリのダウンロードから登録まで

リンク先からすぐにダウンロードできます。
外部リンク>>>iPhone用PayPay Android用PayPay

必要なものはありませんので、携帯番号の入力とパスワードを決定します。

外部リンク>>>PayPay(ペイペイ)_アプリ操作 インストールと新規登録の方法(iPhone) 
外部リンク>>>PayPay(ペイペイ)_アプリ操作 インストールと新規登録の方法(Android) 

3 PayPayアプリに銀行口座を登録

銀行のクレジットカードや通帳、もし銀行のオンライン登録をしており別のカードを持っている人はそちら準備しましょう。

この手続が終わると、PayPayにチャージできるようになります!

外部リンク>>>PayPay(ペイペイ)_アプリ操作 預金口座の登録方法

 

PayPayで支払いを行った感想

ドキドキしましたが、問題なく、支払いできました。

まずはお店に入ってレジを見ます。
アプリのロゴと同じ「P」と書かれた札とQRコードがあればOKです。
また、スーパーで、PayPayに対応しているレジが限定されているお店もあり、そのような場所はわかりやすい「のぼり」などを用意されていました。

自分のスマホのQRコードを読んでもらう場合(コンビニなど)

支払いはPayPayでお願いします。
わかりました。1,500円になります。スマホ画面をお願いします。
はい。
(PayPayを起動して、赤く目立つ「支払う」ボタン
では失礼します。
(PayPay画面のQRコードを読み取ってくれる。)
はい、完了しました。

(お店もシステムで確認)

ありがとうございます。
(自分のPayPay画面にも支払通知が出る)

 

自分で支払額を入力して支払う場合

支払いはPayPayでお願いします。
わかりました。1,500円になります。
こちらのQRコードをスキャンしてください。
はい。
(PayPayを起動して、赤く目立つ「支払う」ボタン→「スキャン支払い」を選ぶ。1,500円を入力)
1,500円ですね。
(PayPay画面を見せて金額確認。「支払う」を押す)
支払いました。
(PayPayの支払い完了画面を見せる)
確認しました。ありがとうございます。
(お店もシステムで確認)

 

まとめ

キャッシュレス決算は、これまで日本人に馴染みがないものです。
そのため、初めて登録しようとする人のハードルがとっても高く感じてしまうことが難点です。

ですが、一度登録をしてしまえば、現金不要で絶対に便利になります。
今は、各社がこぞってキャンペーンをしているので、登録だけして、まずはオトクに使って、体験してみることが大事です。

「なにか難しそうだからやめよっと」て思っていた方がこの記事を読んでくれたなら、ぜひ、登録して、便利なキャッシュレス生活を体験してみてください。

今日はここまでです。読んでもらいありがとうございました。

ABOUT ME
gomeoka
gomeoka
はじめまして、30代の会社員しながらブロガーをしています。 小さな家を新築して、子供が1人います。夢は、家族で毎日一緒に、静かに、リラックスして暮らすことです。贅沢をするためのお金は要りませんが、生きていくためのお金、財産がほしい。1億ぐらいほしい。 日々の暮らし、生活の知恵、お金のこと、食べ物のこと、家が建つまでの過程など、何でも書いていきます。僕の書いたことが、誰か一人でも役に立てばいいなぁという気持ちでゆるくやっていきます。