生活

電力会社は自分で選ぶ! 電力自由化の時代

良い時代が来ました。

これまで、引っ越しや新築で電気契約を行うときは、「何も考えず地域の電力会社に申し込み」という一択でした。
例:東京電力、関西電力、北海道電力、北陸電力等・・・

しかし、時代は変わりました。

電力自由化 お得なプランの登場

2016年の4月に、法改正により電力小売りの自由化が行われ、「個人が電力会社を選ぶ時代」になりました。

しかし、選ぶ自由があるということは、裏返すと、正しい選択をするためには自分でしっかり調べることが大事です。

せっかくお得なプランがあっても、それに気づかなければ、損をします。

僕も、いろいろと考えた結果、自分の地域の最大手の電力会社ではなく、別の電力会社を選びました。

調べた電力会社で、面白い特色があったものをピックアップします!

(比較のため)地域大手の電力会社

・基本使用料定額「1,000~2,000円」ぐらい

・従量電灯契約がほとんどで3段階ほどの料金設定あり
※0~100kWhは「XX円」、100~200kWHは「XX円」と金額が変わっていく、あれです。

・オール電化割引などあり

・問い合わせ対応 フリーダイヤル/24時間受付 さすが大手の対応です。手厚い。

一般的は料金設定です。

人によって電気の使い方は違うので、地域大手と契約したほうが一番安くなる人もいます。

が、近年、原発の稼働も止まっているので、電気代金は値上げが続いています。

定期的な契約の見直しも考えたほうが良い時代です。

「Looop電気」の特徴

ホームページはこちら

・基本使用料「0円」

・使った分×21~29円(税込)=電気代というシンプルな設定
※「燃料費調整額」、「再生可能エネルギー発電促進賦課金」は別途かかります。

・問い合わせ対応 フリーダイヤル/年中無休 9:00~20:00 まずまずの対応力

シンプルゆえに、あまり書くことがありません(笑)

「HTBエナジー」の特徴

ホームページはこちら

・基本使用料あり

・割引プランが充実

・問い合わせ対応 フリーダイヤル/平日 10:00~18:00 営業が短く、トラブル時に少し心配

(H)ハウス (T)テン (B)ボス から来ており、あの有名な長崎のハウステンボスの電気会社です。

そして、特色ある割引プランがあります。例えば、東京なら、

大江戸プラン 従量電灯B ママトクコース」・・・19時〜21時の従量料金が無料

大江戸プラン 従量電灯B 朝ママトクコース」・・・6時〜8時の従量料金が無料

特定の時間の電気代が「無料」という割引サービスは、なかなかおもしろいですね。

ママトクコースという名前の通り、お母さんが料理をしたり家事をしたりと、「電気代が多くかかる時間」が無料になっているところが素敵です。

ただ、このような特別なプランを契約すると、基本料金や重量料金は高くなります。

僕の感想としては、電気をガンガン使う人なら安くなるプランと思います。

実際に契約した電力会社は?

僕は、上記の電力会社3社で悩み、「Looop電気」と契約しました。

料金体系もシンプルですし、料金も安くなると思ったためです。

本当は、各社のプランの割引率でみると、地域大手の電力会社が一番お得でした。

しかし、誰でもお得なプランに加入できるわけではなく、「オール電化住宅である」という条件がありました。

いずれ詳しく書きますが、我が家はガスコンロを採用しているので、オール電化ではありません。

オール電化住宅のメリットも多いですが、いつ電気代の値上げがあるかもわからない時代に、家のすべてのエネルギーを電気だけでまかうのは安全なのか?という思いもありました。

電力会社を変更することで「劇的」なコストダウンは難しいですが、月に数百円のコストダウンでも、何年も続くと非常に大きいです。

皆さんも自分のライフスタイルに合った電力会社を選びましょうね!

(参考)

外部リンク>>>一括で電気代を比較できるサイト「エネチェンジ」