お金

【タイムバンク】銘柄の購入と公募システムを使いこなす!

タイムバンクのアプリをインストールして、お金の入金も終われば、いよいよ購入です!

かんたんに購入することはできますので、順に説明していきます。

 公開済の銘柄(時間)を購入する

1.アプリを起動します。
①銘柄→②プルダウンメニューと進み、「注目銘柄」や「新着銘柄」など選びます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

②選んだ銘柄の情報を確認します。
大きく「売る」「買う」と書いてあるので、かんたんです。
なお、画像の方は、大学生で起業し、毎日カレーを食べている印度カレー子さんです。
おもしろい生き方されているなーと思い、僕は注目しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

「基本情報」
売買されている方の経歴、リワード※の内容が見れます。
※購入した分の時間の使い方です。「対面でのアドバイス」や「講演の依頼」など人によって変わります。
「取引情報」
チャート、取引板、歩み値、の3つがあります。
時間の価格推移、売りたい人と買いたい人の注文状況、これまでの売買履歴ですね。

「一問一答」
時間を販売している人に対しての質問と回答が見れます。

③購入する。
「数量(10秒単位)」と「価格」を選んで、よーく確認して「確定」を押せば注文できます。

 

 

 

 

 

 

 

 

自分が注文して、すぐに時間を購入できるとは限りません。
板取引は、売りたい人と買いたい人の注文がマッチングして初めて購入できます。
「これぐらい値下がりしてきて買えそうかな」とよく考えて、注文を入れましょう。
少しでも安く買いたいですからね!

公募で銘柄を購入する

この「公募」こそ、僕の資産倍増化計画のキモになっています。

関連記事>>>【タイムバンク】お金を倍にする計画!30万円入金編

これまで説明した銘柄の購入は、既に売り買いが行われている銘柄の購入です。

公募は、これから新規に上場する銘柄の購入方法です。

つまり、買いたい人全員が0からのスタートです。

気になる銘柄があれば、申し込み(公募)して、抽選に当たればようやくゲット(付与)されます!

 

 

 

 

 

 

 

 

「通常公募」
抽選形式の申し込みです。
申込期間中に、自分買いたい分の秒数を申し込みます。
申込期間後、当選していれば、その秒数が付与されます。
流れは、
受付前→受付中(注文できる)→受付終了→公開前→公開(付与)と進みます。

「事前公募」
通常公募の前のテスト販売というイメージです。
この事前公募で、一週間以内に18,000病の購入申込みがなければ、通常公募に進めません。
※事前公募が、抽選か先着かわからないので、今度、申し込みして試してみます。

通常公募に申し込みしてみた

僕の資産倍増計画のマイルールで、通常公募に申し込みをするときには、

・購入する人(銘柄)のTwitterアカウントのフォロワー数が1万人以上いる

・タイムバンク公式Twitterで「購入する人(銘柄)の公募ツイート」にいいね数が10以上ある

という条件を設けています。

この条件を待っていたところ、素晴らしい方の通常公募がありました。

家入一真さんです。

ここでは詳細は割愛しますが、連続で起業をされており、現在、お金を集める上でも欠かせない手段であるクラウドファンディングの大手サイト「CAMPFIRE」などを運営されています。

外部サイト>>>CAMPFIRE

僕の条件上でも、フォロワー17万以上、イイね70以上とこの上なく合致しています。

つまり、時間に当選すれば、「ほぼ値上がりする」と考えられます。

1秒50円のところに、5,000秒(25万円分)申し込んで、

結果は・・・

60秒当選!

うーん、当たるだけ嬉しいけど、もっと欲しかった・・・(笑)

感覚的に1%ぐらいになるんでしょうかね。

より施行を重ねて、結果をアップしていきます!

皆様も、ぜひタイムバンクに登録して、気になる人がいたら、公募に申し込んでみましょう。

 

ABOUT ME
gomeoka
gomeoka
はじめまして、30代の会社員しながらブロガーをしているごめおかです。 妻と楽しく二人ぐらしで、2017年に小さな家を新築しました。 日々の暮らし、生活の知恵、お金のこと、食べ物のこと、家が建つまでの過程など、何でも書いていきます。僕の書いたことが、誰か一人でも役に立てばいいなぁという気持ちでゆるくやっていきます。